EPAやDHAが豊富な「あじ」の特徴と栄養素

EPAやDHAが豊富な「あじ」の特徴と栄養素

EPAやDHAは青背魚に多く含まれていますが、その代表格が「あじ」です。

あじは数ある青背魚の中でも、サッパリとしていて食べやすいという特徴があります。また独特の旨味がありますが、これはグルタミン酸やイノシン酸、タウリンなどのアミノ酸の旨味成分によるものです。

タウリンは健康にも良い成分で、心機能を強化したり、コレステロール値の低下にも役立ちます。動脈硬化の予防が期待できますね。

気になるEPAやDHAの含有量も多く、DHAは脳細胞を活性化する働きによって、記憶力などの老化防止に役立ちます。EPAはコレステロール値の低下や血栓防止に役立つので、動脈硬化を始めとして、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの予防に有効です。

そしてあじには、ビタミンB1やビタミンB2、カルシウム、ビタミンB12などに栄養素も含まれており、これらの栄養素には以下のような働きがあります。

ビタミンB1 ⇒ 疲労回復

ビタミンB2 ⇒ 3大栄養素の効率的なエネルギー変換

カルシウム ⇒ 骨の形成、骨粗しょう症の予防

ビタミンB12 ⇒ 造血作用

ナイアシン ⇒ 血行促進

なお、あじの食べ合わせとしておすすめなのが、山芋やナメコ、オクラなどです。あじのEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸と、山芋などに含まれているムチンなどの成分が組み合わさることによって、滋養強壮の効果が期待できます。

また、あじの生臭さが苦手な方もいらっしゃると思いますが、そのような時は「しょうが」と一緒に食べるのがおすすめです。しょうがはあじの生臭さを消す働きだけでなく、解毒・消炎作用もあります。

 

DHA&EPAサプリメント おすすめランキング

スポンサードリンク