トマトの「13オキソODA」のダイエット効果

トマトの「13オキソODA」のダイエット効果

トマトの写真


トマトと言えば抗酸化力を持つ「リコピン」などの栄養素で有名であり、とても栄養価の高い野菜として知られていますね。医師が健康のために食べている野菜のナンバーワンがトマトだと言われているぐらい、健康にはとても良い野菜です。

そんなトマトで近年注目されている栄養素が「13オキソODA」です。

肥満は様々な生活習慣病の要因とされていますが、13オキソODAは肥満の予防やメタボ解消に効果があることが明らかになっています。

トマトを使ったダイエットも以前話題になりましたが、それはこの13オキソODAの働きかもしれませんね。

その他、トマトの水溶性の成分には、疲労を疲労を軽減したり、アルコールの分解を助ける働きがあることが、動物実験で明らかになっているそうです。

このため、切った時は中に詰まっている水分もまるごと頂くようにしたいですね。

さらに、トマトにはクエン酸が含まれているので、カルシウムの吸収を良くする働きがあります。トマトと牛乳やチーズを組み合わせたお料理は、牛乳やチーズのカルシウムの吸収を良くしてくれます。

なお、トマトはエチレンガスを放出しており、そのまま冷蔵庫の野菜室に入れておくと、他の野菜のもちを悪くする恐れがあるそうです。このため、他の野菜と一緒に保存するときは、ナイロン袋に入れて保存するようにしたいですね。

高温多湿の場所を苦手とするトマトは、春から初夏にかけて、秋から初冬にかけてが旬の季節です。1年に2つも旬の時期があり、比較的手に入れやすい野菜です。毎日の健康のためにも、積極的に食べるようにしたいですね。

 

DHAサプリ

スポンサードリンク