朝食を食べない場合、脳出血のリスクが36%も増加

朝食を食べない場合、脳出血のリスクが36%も増加!

「朝は忙しいし食欲が湧かないから、朝食を食べない。食べなくても全然大丈夫!」

現在の日本では朝食を食べる人が多い反面、何らかの理由で朝食を摂らない人が増えているのも事実です。

朝食を食べないと何となくパワーが発揮されない、または頭が働かないというイメージがありますが、最新の研究では「朝食を食べないことで脳出血のリスクが36%も高まる」ことが明らかになったそうです。

スポンサードリンク

米科学誌に発表された「朝食と脳出血」の研究結果

この朝食と脳出血との関連における研究結果を発表したのは、国立がん研究センターや大阪大の磯博康教授らの研究チームです。その内容を簡単にまとめると・・

○全国8件に住む45歳〜74歳の男女8万2772人を対象に調査

○調査期間は1985年〜2010年まで

○この期間内で脳出血を発症したのが1051人で、朝食を週に0〜2回しか摂らない人は、毎日朝食を食べる人と比べて、脳卒中になる確率が36%も高かった。

○さらに、朝食を食べない割合が高い人ほど、脳卒中の発症率が高かった。

約15年にも渡る調査で、このような結果が明らかになったのですね。

また、欧米では朝食を抜くと心筋梗塞になるリスクが高まるという報告もなされているようですが、今回の日本の研究結果では特に差が無かったそうです。これは日本人が欧米と比べて肥満者が少ないことが影響しているかもしれないとのことでした。

個人的には、美味しい朝食を食べることは1日の楽しみの1つでもあると思います。ある意味習慣のようなものなので、最初は無理してでも食べ続け、習慣付けていくことが大切なのかもしれません。

 

DHAサプリ TOPページに戻る


スポンサードリンク