動脈硬化の予防に役立つDHAとEPA

生命の危機にも関わる動脈硬化の恐ろしさ

動脈硬化で悩む人

私達は歳を取るごとに見た目も老けていきますが、体内の各組織も知らず知らずのうちに老化していくものです。

全身に栄養素や酸素を運ぶ「血管」も、年齢と共に少しずつ硬くなり、しなやかさが失われていきます。このような血管が硬くなり、血が通りにくくなるような状態を「動脈硬化」と言います。

動脈硬化は高血圧症の状態が続くと起こりやすく、血液中の悪玉(LDL)コレステロールが増えると、アテローム性動脈硬化というコレステロールが血管の内壁に沈着する症状が発生します。

さらに、動脈硬化になると、血液中の血小板が固まってできる「血栓」も出来やすくなり、さらに血液の巡りを悪くしてしまいます。

血栓は血管を塞いでしまう恐れもあり、脳や心臓付近の血管にも発生する可能性があります。脳の動脈で起これば脳卒中が、心臓の血管で起これば心筋梗塞が発生し、生命の危機にさらされることになります。


EPAやDHAを摂取して、動脈硬化を予防しましょう!

医師のイラスト

動脈硬化を予防するためには、まずは栄養バランスの取れた食生活が大切です。余分なコレステロールや中性脂肪を摂取しすぎないためにも、食べすぎは厳禁です。

バランスを考えた上で、腹八分目の食事を心がけることが大切です。また、健康診断で中性脂肪値とコレステロール値のどちらが高いのかを知り、高脂血症のタイプに合わせて食事を考えることも重要です。

そして、動脈硬化の予防や改善に役立つ栄養素として注目されているのが、EPAとDHAです。動脈硬化の予防に役立つ栄養素として近年注目が集まっており、サプリとしても人気を集めています。

EPAやDHAはサンマやイワシなどの青背魚に多く含まれていますので、積極的に食べるようにしたいですね。DHA・EPAサプリメントも、もちろんおすすめです。

その他、動脈硬化の予防として大切なのは、適度な運動と喫煙です。タバコは吸うだけで中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまうので、出来れば控えたいですね。

 

DHA&EPAサプリメント おすすめランキング

スポンサードリンク