不飽和脂肪酸とは?

不飽和脂肪酸とは?

医師のイラスト

不飽和脂肪酸とは、不飽和な状態の炭素結合を持っている脂肪酸です。英語では「unsaturated fatty acid」となります。

不飽和脂肪酸の大きな役割は、コレステロール値や血中の中性脂肪の値を調節することです。

一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の2つの種類があり、一価で代表的なものが「オレイン酸」です。オレイン酸はオリーブ油などに含まれています。(オリーブ油が体に良いと言われる由縁の1つがここにあります。)

また、オレイン酸はマカデミアナッツやひまわり油などにも含まれています。循環器系の病気を予防する働きも期待されています。

一方、多価不飽和脂肪酸は、n-3系とn-6系の2種類があります。n-3系はさらに、DHAやEPA、αリノレン酸に分けることができ、いずれも必須脂肪酸となっています。

当サイトでもメインで取り扱っているDHAはサバやイワシ、マグロの脂身などに多く含まれており、脳の働きを正常に保つことや、高血圧症や高油血症の予防に役立ちます。

EPAはDHAと同じく魚介類に多く含まれており、血栓や動脈硬化の予防、血液中の中性脂肪の低下に役立っています。

αリノレン酸はゴマ油やシソ油、くるみなどに含まれています。ガンや高血圧の予防、アレルギー疾患お予防効果があると言われています。

また、多価不飽和脂肪酸の1つであるn-6系には、アラキドン酸やリノール酸、y-リノレン酸があります。アラキドン酸は卵黄や豚のレバー等に含まれており、胎児の発育をサポートしたり、免疫機能の調節の役割を果たしています。

リノール酸は大豆油やヒマワリ油、コーン油などに含まれており、動脈硬化の予防効果や血中コレステロールの低下が期待できます。しかし、悪玉だけでなく善玉のコレステロールも低下させてしまうというデメリットもあります。

y-リノレン酸はニシン、からすみ、月見草の油などに含まれており、血圧や血糖値、コレステロール値の低下に役立っています。

一口に不飽和脂肪酸と言っても、その中にはとてもたくさんの有効な栄養素が含まれていることがわかりますね。

 

DHA&EPAサプリメント おすすめランキング

スポンサードリンク