タンパク質が豊富!マグロの栄養素と特徴

タンパク質が豊富!マグロの栄養素と特徴

マグロのイラスト

日本人にとって、無くてはならない魚が「マグロ」ですね。お寿司のネタとしては欠かせないものですし、竜田揚げにしたり、照り焼きなどにしてもとても美味しいです。

マグロの最大の特徴は、何と言っても良質なタンパク質が豊富に含まれていることです。マグロの赤身の部分にタンパク質が豊富に含まれており、その含有量は25%。この数字は、魚肉の中では最も多い含有量だそうです。

また、大トロや中トロなどは脂が乗っていて抜群の美味しさがあるものの、カロリーが多いです。大トロのカロリー数は、マグロの赤身部分と比べて3倍もあります。

しかしながら、この脂の部分にはDHAやEPAなどの健康に良い不飽和脂肪酸も豊富です。DHAの含有量は魚の中で最も多く、血液をサラサラにしたり、脳細胞を活性化して記憶力を高める効能も期待できます。

カロリーが高いけれど、DHAやEPAが豊富。この特徴を考慮して、上手に食事のメニューを組み立てたいですね。

その他、マグロには糖質をエネルギーへと変える働きがあるビタミンB1や、貧血予防の効能が期待できる鉄分、骨を強くしてくれるビタミンDなども豊富に含まれています。さらに、抗酸化作用があるミネラルの一種、セレンも含まれています。

また、マグロの食べ合わせとしておすすめなのが、ほうれん草などの緑黄色野菜です。緑黄色野菜のβカロテンを一緒に摂取することで、DHAやEPAの効果が高まります。

 

DHA&EPAサプリメント おすすめランキング

スポンサードリンク