抗酸化力が強い!サケの栄養素と特徴

抗酸化力が強い!サケの栄養素と特徴

焼き鮭のイラスト

サケの特徴の1つに、「身が赤いこと」があります。このサケの身の赤色は「アスタキサンチン」という成分によるもので、この成分には強力な抗酸化作用があります。

その抗酸化力はビタミンEの500倍〜1,000倍もあると言われており、活性酸素を除去してくれたり、免疫力を高めてくれる効能があります。活性酸素が除去されれば美容や老化防止に役立ちますし、免疫力が高めればガンや動脈硬化、その他感染症の予防にも有効です。

また、サケの身の部分には、ミネラルやビタミン類もバランス良く含まれています。疲労回復やエネルギーの代謝に役立つビタミンB群や、骨粗しょう症の予防に役立つビタミンD、その他、ビタミンAやビタミンEも含有量が多いです。

さらに、サケの栄養素として明記しておきたいのが、核酸です。核酸は細胞の再生産に必要な栄養素であり、美肌やガンの予防に役立ちます。サケの核酸は、いわし、さばに次いで3番目に含有量が多いです。

そして、メインの栄養素であるタンパク質ですが、サケのタンパク質は他のお魚と比べて消化・吸収に優れています。脂質の部分には不飽和脂肪酸のEPAやDHAも含まれており、脳細胞を活性化したり、血液をサラサラにする効能が期待できます。

その他、サケの良いところは調理手法が豊富なところです。刺身、焼く、煮る、揚げるなど、ほとんどの調理方法が可能であり、焼いてご飯のおかずにして食べるのは、日本人の定番の朝食とも言えるでしょう。

サケの切り身を購入する時は、色が鮮やかで、身に白いスジが入っているものがお薦めです。まるごと一尾を購入する場合は、ウロコが銀色に光っており、身にハリがあるものが良いでしょう。

 

DHA&EPAサプリメント おすすめランキング

スポンサードリンク