秋の旬な時期が旨い!サンマの栄養素と特徴

秋の旬な時期が旨い!サンマの栄養素と特徴

サンマのイラスト

サンマと言えば、秋に旬を迎える代表的な青背魚です。秋のサンマは脂が乗っていて本当に美味しいですよね。

脂が多いとコレステロールが気になりますが、サンマには不飽和脂肪酸であるEPAやDHAが豊富です。このため、逆にコレステロール値を下げたり、血栓の防止や中性脂肪の低下も期待できます。

何かと悪者に思われがちな脂ですが、サンマの脂にはEPAやDHAも豊富なので、健康にとってとても良い栄養素だと言えます。

ちなみにサンマは夏の北海道でも獲れますが、脂質が10%程度しか含まれていないそうです。これが秋に房総半島沖あたりまで南下してくる頃には、脂の乗りが20%ぐらいにまでアップしているそうです。脂が増えただけでなく、栄養価もアップしています。

また、サンマは独特の美味しさを作り出しているのが、タウリンやイノシン酸などの旨味成分です。タウリンにはコレステロールを排出する効能があり、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。イノシン酸は代謝機能を良くしてくれる働きがあります。

なお、EPAやDHAを最大限に摂取するためには、脂を落とさないように調理する必要があります。1尾のまま焼いたりするのは、おすすめの食べ方ですね。

さらに、EPAやDHAの酸化を防ぐためには、βカロテンが豊富に含まれている緑黄色野菜と一緒に食べるのがおすすめです。こうして食べることで、血液のサラサラ効果がより期待できます。

サンマを焼き過ぎると焦げ目が出来てしまいますが、この部分には発ガン性物質が含まれています。このため、まずは焦げないように焼くことが大切ですが、大根おろしと一緒に食べることで、発ガン性物質を抑えることも可能です。大根に含まれているアミラーゼという成分が、発がん性物質を分解してくれます。

 

DHA&EPAサプリメント おすすめランキング

スポンサードリンク