アメリカで生まれたサプリメント

アメリカで生まれたサプリメント

アメリカのイラスト

サプリメントという言葉は明らかに外来語であり、海外から来た言葉というのは容易に予想できます。

今ではお馴染みのサプリメントという言葉を最初に定義したのは、やはりアメリカでした。1994年にアメリカで可決された「栄養補助食品健康教育法」の中には、サプリメントがしっかりと定義されています。

その内容によると、サプリメントは「ビタミンやミネラル、アミノ酸、ハーブのいずれかの栄養素を含んでおり、通常の食事を補うことを目的とするあらゆる製品」と法的に定義されているのですね。

この法案によってアメリカではサプリメントが爆発的に普及します。法案が成立した1994年だけで約4000種類も誕生したというのですから、かなりの勢いですよね。

その後、アメリカから日本に対してビタミンやミネラル、ハーブ等の市場の開放が求められ、貿易が認められるようになります。そして、日本にも少しずつアメリカのサプリメントが入ってくるようになりました。

今では日本の企業も様々なサプリメントを作っていますし、当サイトで紹介しているDHA&EPAのサプリメントの製造業者も、ほぼ日本の企業です。

サプリメントの歴史はまだまだ浅いだけに、今後の発展も期待したいですね。

 

DHAサプリ

スポンサードリンク