サプリメントを飲むタイミングはいつが良いの?

日本のサプリメントの「飲むタイミング」の表記について

日本製のサプリメントの説明書きをチェックしてみると、「飲むタイミング」が記されていません。

食前なのか、食後なのか、それとも食間なのか。何も書かれていないということは「いつ飲んでも大丈夫なんじゃない?」と思ってしまいがちです。

しかし、これはサプリの製造業者が明記していないというのではなく、”明記できない”ことになっているのです。

日本の法律である薬事法では、サプリメントは薬とは違うため、飲むタイミングを明記することは基本的に許されていません。

このルールは、アメリカ製のサプリとは大きく異なる点ですね。(※アメリカ製のサプリでは、飲むタイミングの明記が可能です。)

では、サプリメントを飲む適切なタイミングはいつなのか?

栄養補助食品として利用するサプリメントを飲むのに適切なタイミングは、ずばり「食後」です。

食事で不足しがちな栄養素を補うために飲むのですから、食事が終わったらすぐに飲むのが一番なのです。

単独では体内に吸収されにくい栄養素はたくさんあります。効率よく吸収するために他の栄養素を必要とするケースが、意外と多いです。

例として、ビタミンAなどの脂溶性ビタミンの場合は、食事と一緒に摂取しなければ吸収されなくなってしまいます。

また、スタミナ料理として豚肉と玉ねぎの炒め物がありますが、これは玉ネギが豚肉のビタミンB群の吸収を良くしてくれています。

何気なく組み合わせられている料理の食材も、実は栄養素の吸収を考えて作られたりしているわけです。

また、1日1錠の場合は朝食後だけで良いですが、1日2錠の場合は1度に摂取せずに、朝食後と夕食後に1錠ずつ飲むのが望ましいです。

なお、サプリメントを飲む時は、水かぬるま湯で飲むのが基本です。

 

DHAサプリ

スポンサードリンク